私が母から受け継いだもの。

神戸で暮らしを colorful にする映像製作してます

090-1486-2764

〒658-0044 兵庫県神戸市東灘区御影塚町3-11-9

私が母から受け継いだもの。

Life_ASAMODA

2019/05/14 私が母から受け継いだもの。

 

2019年5月13日

 

 

 

 

 

 

自分でも気づいていなかった、心のモヤが晴れた。

昨日、母についてのブログを書いた。

このブログは母も見ている。

 

 

だから、正直、書いてからソワソワしていた。だって、今の日常からは離れた過去の話を持ち出したから。わざわざ、持ち出さなくてもいい話。でも、書くべきだと思った。年を重ねるほど、素直でありたいと思う。「素直に生きる、正直に生きる」のは、イイことも悪いこともダイレクトに感じる。一概にお勧めはできないけど、私はお勧めする!

 

 

それが今の私が思う「生きること」だし、生きている今、ちゃんと清算をして生きていきたい。その時はちょっとしんどいけど、そのあと思いの外スッキリする。だから、書いてよかった。

 

 

フレディ・マーキュリーが「ボヘミアン・ラブソディ」を作った気持ちがよく分かる。グザヴィエ

・ドランが「mommy」を作った気持ちがよく分かる。私はミーハーだから、そういう人と同じ気持ちを味わってるかと思うと少し嬉しい(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、肩書きが好きじゃない。肩書きがあると、肩書きで人を見てしまいガチ。もちろん分かりやすくするために、必要なのは分かる。

 

偏見が嫌いだ。その感覚はもしかしたら、幼い頃の宗教問題からきているのかもしれない。

 

女性だから、男性だから、ゲイだから。

 

日本人だから。黒人だから。

 

30歳だから。

 

 

 

 

 

私がレディーガガを好きなのは、そんな偏見をロックに昇華させたところ。アートに昇華させたところ。味方だと思った。仲間だと思った。

 

 

 

 

今回、宗教問題を明らかにしてみて、自分の精神のルーツが分かったような気がした。

よく分からないままに引き込まれた、あの音楽も、ヨガも、映画も、本も、人も 全ては繋がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母が何を信仰してようが、今の私は気にしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

苦い思い出を解いてあげると、楽しい思い出のゾーンにいけるらしい。「持ったまま」にしておくと、ずっと残っていく。何事も「手放す」といい。どんどん手放そう。

 

母の絵がうまいと言われてたことは、少し鼻が高かった。宿題のクロッキーを手伝ってもらった。お遊戯会のドレスも縫って作ってくれた。キャッチボールをした。魚釣りをした。柚子の収穫をした。茶摘みをした。犬の散歩をした。過疎化が進んでて、遊ぶ相手も少なかったのもあるけれど、私はお母さんっ子で、いっぱい一緒に遊んでもらった。

 

 

 

 

 

 

 

 

幼い頃の私は、絵に対して興味なかったけれど、大人になって自然と絵を描くようになったのは、間違いなく母のおかげだ。私がカラフルな色を好きなのは、色見本の束になったカードで遊んでいたからかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

私のルーツはやっぱり母だ。母から生まれたのだから。

 

 

 

 

 

 

 

今初めて、心からそう思えた。

歌や俳句が好きな目立ちたがり、おばあちゃん、とにかく愛想と飴を振りまく、ばあちゃん、

とにかく歩いて毎日山にいく、頭脳派のタカイッタン(おじいちゃん)。

演歌とカメラの神経質なお父さん。ピュアなお母さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜーんぶ、受け継いでいる。今ここに、こうして私があること、心から感謝します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

こうやって写真はめると、このために撮ったかのようだけど、あったやつね。

 

 

 

 

 

 

 

ASAMI


ASAMODA*神戸で暮らしをcolorfulにする映像制作

TOP