ビデオカメラと一眼動画の違い

神戸で暮らしを colorful にする映像製作してます

090-1486-2764

〒658-0044 兵庫県神戸市東灘区御影塚町3-11-9

ビデオカメラと一眼動画の違い

映像_ASAMODA

2019/04/24 ビデオカメラと一眼動画の違い

 

2019年4月24日

 

 

 

 

 

「え、ビデオ?」

 

 

私は、一眼レフで映像を撮っているのですが、まだまだ一眼レフで映像を撮ることに驚かれる機会も多いです。今日は、一眼レフとビデオの違いを私なりに書いてみます。

 

 

 

 

ビデオカメラと、一眼レフの違い


 

 

ビデオ機材というと、こんなカメラをイメージするのではないでしょうか?

実際私も、長くこのシリーズの機材を使ってました。あ、家庭用のビデオカメラもビデオの機能性は近い感覚なので、遠い存在に思わずに考えてもらえればとおもいます。

 

 

 

 

 

ビデオカメラのイイところ

 

 

「これ一台で、全てオッケー!」

 

 

 

この後に、いろいろ項目を追加している予定だったのだけど、思うにこの一言に集約される気がする。具体的には…

 

一つの機材で、ズームイン、ズームアウトがしっかりできるので、たとえ同じ場所に留まっていても、絵に変化をつけることが出来る。ストーリーを作ることができる。

長時間連続記録できる。

◯バックアップがとれる。例えば、この上にある機材だと、2枚のSDカードを同時に記録することができる。一枚のSDカードは、ずっと録画しっぱなし、もう一枚のSDカードに切りとりたい部分だけを残していく。一生に一回の結婚式には、こういう機能が重宝される。

◯マイクがついている。(音もどこまでを必要とするかによる。)

 

 

あまり良くないところ

 

◯重い

◯良くも悪くも平均点の絵

 

 

 

 

 

 

 

 

一眼レフのイイところ

 

 

「キレイな絵」

 

 

 

背景をぼかした絵で、対象物が浮き上がる、イイ感じの絵が撮れる

◯小回りがきく

レンズによる表現のバリエーション

◯写真が撮れる

 

 

 

あまり良くないところ

 

◯外付けが多くなる

内臓のマイクは、期待できないので、外付けのマイクが必要。バックアップがとれない・モニター画面が小さすぎる事から、外付けモニターが必要になる。そうやって、どんどん外付けが必要になる。

レンズ一本で絵を作るには、自分がひたすら動き回らないといけない。

 

 

 

 

私が思う、ビデオ機材と、一眼レフの違いはそんな感じですね。

 

 

ちゃんと記録するならビデオカメラ、

 

綺麗な絵を直感的に撮りたいならば、一眼レフです。

 

 

 

 

 

 

 

ASAMI


ASAMODA*神戸で暮らしをcolorfulにする映像制作

TOP