映画に学ぶ、映像の魅せ方

神戸・和歌山で暮らしを colorful にする映像製作してます

090-1486-2764

〒649-4563 和歌山県東牟婁郡古座川町

映画に学ぶ、映像の魅せ方

映画,Life_ASAMODA

2019/04/19 映画に学ぶ、映像の魅せ方

 

2019年4月19日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッションには興味ありますか?

 

 

 

昨日、「アレキサンダー・マックイーン」のドキュメンタリー映画を見てきました。誰?って感じですよね。私も知らなかったです。映画の予告で始めて知りました。ただ、レディガガが愛用していたブランドで、見たことはあったようです。

 

 

 

 

 

私は、モノづくりをしてる人のドキュメンタリー映画が好きで、よく見るんです。ファッションショーに向けて作られている服というのは、理解に難しい時もあるんですけど、根底にある精神に基づいて作られているのを知ると「なるほど」って思うので、楽しいんです。発見がある。よく分からないStartだからこそ、世界が広がる気がして、楽しいんです。純粋に、ものを見たい。分からない っていうと、全て終わってしまう。なんか訴えかけてくるもには、全てその奥に大事なものが隠れている。

 

今回の映画では、マックイーンというぽっちゃりしたやんちゃな男の子がゼロから自分のブランドを確立していくんです。不可能を可能にしていくストーリーを見るのはワクワクします。ただ、よくありがちなストーリーかもしれないですが、世界的に活躍するようになって、だんだん追い詰められていきます。見た目も脂肪吸引してシュッとしたデザイナーになる。洗練されていくとともに、息苦しそうになる。本当に服作りが好きで楽しんで作ってたのが、苦しみに変わっていってるのが手に取れて、胸が締め付けられました。モノづくりってのは、大変ですね。

 

 

映像としては、イメージカットの魅せ方が洗練されてました。イメージカットというのは、その名の通り、イメージしてもらうための絵です。この絵を効果的に使うことで、ストーリーが引き締まるように感じます。ただ、流れをそのまま見せるだけでは面白くない。イメージが少しわかりづらいくらいの方が、そのあとのストーリーが引き立つこともあります。自分で気づくからこそ、心が動くのだと思ってるんです。バランス力と、冒険心。

 

 

 

 

 


ASAMODA*神戸で暮らしをcolorfulにする映像制作

TOP