初めてのSNS動画

神戸で暮らしを colorful にする映像製作してます

090-1486-2764

〒658-0044 兵庫県神戸市東灘区御影塚町3-11-9

初めてのSNS動画

映像のコツ,映像_ASAMODA

2019/03/05 初めてのSNS動画

 

2019年3月4日

最近暖かかったのですが、今日は少し寒かったですね。

 

 

はい、では前回に続きまして…

 

 

これからは動画の時代


 

最近よく言われるんですけど、私あまり実感湧かないんですよね。きっと、私にとって動画の時代は10年前から始まってるので、今どうこうの話ではないからなんでしょうね。たまには時代に乗っかって掘り下げてみます。

 

気づけば、身近になった映像。

 

あなたはどんな目的で、映像に関わりますか?

 

今日はプロモーション動画について掘り下げてみます。表現力のある映像はプロモーションに最適。音の表現、視覚の表現、ストーリーの表現、言葉としての表現、、、その掛け算で魅せる映像には、圧倒的な表現力があります。単純に要素が多いので、当然ですよね。ただ、その見せ方や工夫で、全然違ったものになる。それこそセンスを問われる気がします。

 

 

 

イイ映像にはセンスが必要です。

 

 

 

と言っちゃうと、あまりに漠然としすぎですよね。

 

 

 

センスってなんやねーん?

 

 

 

ってなりませんか?私が思うセンスは、適材適所の感覚を養ってることですね。

 

例えば、結婚式の映像を作るとします。「私は宇多田ヒカルが好きだから、宇多田ヒカルのBGMを後ろで流そう♪」

 

 

簡単に言うとこれが、ナンセンスに感じるのです。いいんですよ、それも。好きな曲、思い入れの曲を入れる。正解です。ただ、宇多田ヒカル感が強すぎるんです。彼女のPVならいいんですが、二人の映像にするならば、その場の空気や二人の印象に合うものを選ぶ方が、生きた映像になるように感じます。

 

 

もっと細かく言うと、音の効果、視覚の効果、ストーリーの効果、言葉の効果、、、それぞれの特徴を知る、今から作る映像がどんな目的のもので、どの効果をどう掛け合わせればいいのか?導き出す力。それがセンスなんじゃないかな?

我ながら、文章が繋がってるのか、伝わる表現にできているか、疑問ですが、、、、そんな感じなんですよ。言葉で表現って難しいですね。だから、映像なんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

初めてのSNS動画


 

とにかく、情報量の多い映像での広告は、やはり効果的。分かりやすい。この前、SNS用に動画を作りました。インスタに上げるために正方形で作ったのです。もともと長方形で作っていたので、それでも良かったんですが、インスタにそのまま上げると、携帯を横にして見るものではないので、絵のサイズが小さくなって絵力にかけるんです。つまり、説得力が弱くなるのです。

そのために、正方形にして少しでも大きく絵を見せれるようにして、編集し直しました。いかがでしょう?

 

 

 

これはこれで可愛い気がしました。正方形って形がPOPだったり、異空間な感じがあるんですよね。普段生きる世界、人間の目って横並びについてるから、横長の長方形の世界のがリアルなんじゃないかな?って思うんです。ドキュメンタリー感。それを正方形に視野を狭くさせるわけなので、作り物の世界になるというか。。。

 

だからドキュメンタリーより、広告っぽい映像にする。具体的には、

 

 

 

挑戦するクリエイターを応援します。

 

 

挑戦するクリエイター応援

 

 

 

という感じです。直感で入ってくるように変えました。今まで、SNSの広告として意識して映像を作ったことなかったんです。やってみて、「なるほど」と感じました。

そんなわけで、どんなことも、その特徴があるのだと感じます。感情ではなくて、まずはフラットにその素材を理解すること。理解できてこそ、長所を伸ばせる。

 

 

 

 

ASAMI

 

 

 

 


ASAMODA*神戸で暮らしをcolorfulにする映像制作

TOP